タロット占い依存しやすい「卜術は命術や相術よりジプシー生む」

タロット占い依存しやすい「卜術は命術や相術よりジプシー生む」

タロット占い依存しやすい「卜術は命術や相術よりジプシー生む」

タロット占いは卜術に分類されます。私あタロット占いをしていましたが、命術や相術と比べても依存しやすい気がしています。

もちろん、人によりけりではありますが、なぜ私がそう思うのかを解説しますね。

  • タロット占いに依存してしまってる
  • タロット占い依存から抜け出したい

こんな方はぜひ最後まで読んでいって下さいね。

占いは悪いわけではありませんが、依存症になってしまうと、金銭的や時間的にも勿体ないことになりかねません。

気を付けたいところです。

タロット占い「卜術」の占いです

タロット占い「卜術」の占いです

タロット占い「卜術」の占いです

占いは大きく3つに分類されます。

命術、卜術、相術ですね。

命術は、生年月日や生まれた時間や場所などを元に、長期的な運勢を占うのに適しています。

生まれ持った情報を元に占いますので、何度やってもそう変わるものでもありません。

命術の例
四柱推命・算命学・西洋占星術・数秘術・宿曜占星術・紫微斗数・インド占星術・九星気学・マヤ暦占いなど

次は卜術。

偶然性を元に占います。数か月とう短期間のことを占うことに向いています。

卜術の例
タロット占い・オラクルカード・ルーン占い・ホラリー占星術・易占いなど

そして相術。

相とはかたちのこと。形を元に占います。

相術の例
手相・姓名判断・人相学・風水など

さて、この中で、タロット占いが属する卜術って特殊だと思いませんか?

命術は生まれてからずっと変わらない情報で占います。

相術は、生まれた後も、変わりますけど、手相とかはそう変わるものではないですよね。

卜術はというと、「偶然」なわけですから、占うたびに結果が違うのは当たりまえなんです。

だからこそ、タロット占いは依存しやすいと思うんです。

タロット占いに依存しやすいのは卜術だから

タロット占い師さんと何人も知り合いになり、色んな話をしてきましたが、自分で自分のことを毎日タロットで占っている人もいました。

「今日の運勢は?」くらいなら遊び半分でいいと思いますが、仕事のことや恋愛のことを毎日のようにタロットで占うようになると危ないなと感じていました。

偶然によるものですから、当然毎回結果は変わるわけです。

良い配置になったら喜び、好ましくない配置になったらやりなおしをしたりという、そういうクセがついてしまっている人もいました。

これはあくまで占い師本人が自分のことを占う場合のことです。

では、実際の相談者がタロット占い師に相談する場合、やってはいけないこと。

それは、頻繁に占ってもらうことです。(厳密に何日以内はダメと決まってはいません)

「今、転職しても大丈夫でしょうか?」

こういう悩み相談をタロット占いでしたとしましょう。

「今は転職するタイミングとは出ていません。もう少し待ったほうがよさそうです。」

こういう結果が出たらどうでしょうか?

もし、あなたが「どちらかというとすぐに辞めたい」と思っていた場合。

⇒この鑑定結果に従うなら、まだ辞めないほうがいいみたい

そう納得するか

⇒すぐに辞めたいから、この結果は受け入れられないな。また別の占い師に相談しよう

となるか

ですね。

タロット占いは、偶然性なわけですから、他のタロット占い師に相談したら、別の答えが返ってくる可能性は他の命術や相術と比べると高いはずなんです。

例えば、四柱推命でしたら、生年月日と生まれた時間で占いますから、どんな占い師でもある程度似たような結果が出ても不思議ではありません。もちろん、占い師によって、伝え方が違いますけどね。

そういうこともあって、タロット占いをはしごする相談者さんもいます。

そして、自分が納得する答えがでたら、それを採用するわけです。

そんな占いに何か意味があるのか、ということですね。

タロットに限らず、卜術の占いは気を付けないと、依存しやすいというのは、その卜術の特徴にありそうです。

タロット占いに依存しやすいのは占い師による部分が大きいから

タロット占いで定番のスプレッド(展開方法)はケルト十字といって、10枚のカードを順番に並べて鑑定するスタイルです。

位置にも意味があり、カードにも意味がある。

どの位置にどのカードが出たかによって鑑定していくのですが、この読み方は占い師に大きく依存します。

仮に、ケルト十字に並べた10枚のカードを、何人かの占い師にみせ、同じ悩みで鑑定してもらったとしても、答えは10人がバラバラになると思います。

なぜなら、タロット占い師によって読み方にクセがあるからです。

これは実際に私が知り合った方の話を元にしていますが、あるタロット占い師は、「まずは大アルカナから読んでいき、最後は右上のカードで結論を伝える」という人もいました。

ある人は「全体的な色味で印象を決めていきます。」という人もいましたし、「正位置と逆位置をまずみていき、全体的な印象を決める。」という人もいました。

みんなそれぞれなんです。

そもそも、タロットカードの1枚1枚をどう読むかも占い師によって違ったりするんです。

「塔」のカードは、不吉なカードにも見えますが、これを「トラブルが起きる」と読む人もいれば「価値観がごろっと変わるきっかけがある」とよむ人もいます。

どの位置に出たかにもよって、読み方も違ってきます。

つまり、10枚の展開だけでも、無限の読み方があるわけです。

そうなってくると、タロット占いの結果というのは、占い師の価値観、経験、伝え方に依存する傾向が強いと言えます。

だって、偶然出たカードで占うわけですからね。

だからこそ、1人のタロット占い師から鑑定してもらって納得いかなくても、他のタロット占い師に相談したら、違う答えが返ってくる可能性が高いでしょうから、ついつい、何度も占ってもらったり、別の占い師に相談にいったりしやすいのではないでしょうか。

タロット占いに依存しやすいのは簡単だから

四柱推命は、生年月日と生まれた時間を元に占います。

生まれた時間が分からないという人も結構います。

それがネックとなって、四柱推命での鑑定をやめる人もいるんです。

手相の場合は、手のひらを見てもらう必要があります。

最近は、対面でなくてもオンラインでもみてもらえますが、ちょっと手間がかかります。

ところがタロット占いの場合は、何も必要ありません。

とにかく簡単です。手軽です。

何の個人情報も必要ありません。

その簡単で手軽さで、次から次へと占い師に相談してしまうのかもしれません。

タロット占い依存から抜け出す方法

タロット占い依存から抜け出す方法

タロット占い依存から抜け出す方法

個人的には、タロット占いというのは中毒性がある気がします。

何度も占ってしまいたくなる気も分かります。

鑑定を受ける側も、カードを見ながら、ワクワクしながら楽しめるというのもあるかもしれませんね。

では、タロット占いに依存してしまったら、どうすれば抜け出せるのか?

考え方としては2つあります。

  • 卜術以外の命術や相術で占ってもらう
  • 占い自体を完全にやめる

命術なら四柱推命、相術なら手相がメジャーですね。

これらは、基本的な部分は、誰が占っても、ある程度は似てくると思われますので、一度占ってもらったらそれを元に自分で考えて行動したらいいと思います。

もう一つは完全にやめてしまうことです。

私ならこちらをおすすめします。

というのも、占い依存症に陥りやすいタイプの人は、どんな占いであっても、納得できないと別の占い師に相談する傾向があると思うからです。

占い依存をやめるには、いくつかの方法があります。

また、一人で抜け出すのは難しい方には占い依存のカウンセリングをされてる人もいますので、また紹介します。

中には、占い師になったという人もいます。

占い依存症をやめたい方に読んでいただきたい記事

今回の記事でも触れましたが、占いの結果がバラバラだったり真逆だったりすることはよくあります。

なぜかというと、占いというのは、占い師の個人的な言葉が含まれて鑑定結果となるからです。

占い師の考え方や経験が元になっている部分もあるということです。

占い師がアドバイスをすることもありますが、それは占いというツールから出てきたものというより、占い師の個人的なアドバイスと考えたほうがいいでしょうね。

以上です。